NPO法人ヒューレック研究会では基本理念である「愛の心と人生」を基に多くの活動を行っております。また、活動に対する皆様のご理解ご支援を 随時募集しております。詳しくは各メニューからご興味のあるページをご覧ください。

エジソン・アインシュタインクラブ


エジソン・アインシュタインクラブとは?



1. 名称の由来
「エジソン・アインシュタイン・クラブ」の名称は「エジソン・アインシュタイン・ダーウイン計画」がフルネームで、3人の名前を全部連記すると長いことから「エジソン・アインシュタイン・クラブ」と短縮した。
この3人の名前を連記した理由は、子どもの頃の「潜在能力開発」に「ピグマリオンの心(精神)」「ピグマリオン教育」が極めて有効に作用し、偉大な発明王・科学者に成長し「世のため、人のため」に貢献したことから命名した。

2. 創造力開発が本来の趣旨
「エジソン・アインシュタイン・クラブ」の基本は、「創造力の開発」で、「理科・科学」に限定することなく、広く「潜在能力を触発」創造力を開発することを目標としている。
従って、この活動を通じ、子どもが「触発」され、「芸術・文化」の「創造力開発」がなされても結構なことと判断した。

3.「好きの発見」触発教育
この活動を開始するに当たり、長年(1973年から約30余年間)に亘り、小学生を対象に「好きの発見」瞬間触発教育(基礎・基本を教える持続教育に対する)をされてきた只野文哉先生(世界的な電子顕微鏡研究開発者・工学博士)に直接ご助言を戴き、激励された。
そこで、「子どもたち」には「エジソン・アインシュタイン・クラブ」は「好きの発見をするところ」と説明をしている。
なお、只野文哉先生は、その後もお元気にご活躍、ご助言のお手紙まで戴いたが、去る平成17年3月15日、98才(1907年生)の天寿を全うされた。
天国の先生に感謝を込め、この報告を致す次第。

4.感謝の言葉
本報告をまとめるにあたり、しみじみ「ご縁の尊さ」「縁尋奇妙」を心にかみしめた。
まず「エジソン・アインシュタイン・クラブ」は、1996年「ヒューレック研究会・飯能支部」でスタートし、その時に基本構想を示して下さったのが、山口彰先生(NPO深層心理研究会主幹・全子連専門委員)であった。
そして、宇田川光雄先生(全子連専務理事)・山田清先生(全子連専門委員)、只野文哉先生とのご縁結びの田子島一郎先生、さらに横浜で科学探検隊を指導されている関口秀夫先生、その関口先生を紹介して下さった金井泰三氏、はじめ両小学校の指導員の先生、参加の子どもたちに心から感謝の意を表したい。

5.「エジソン・アインシュタイン・クラブ」の活動詳細につきましてはこちらをご覧下さい。

SIDE MENU

活動(授業)内容

第1回 「好きの発見」
第2回 「エジソン電球を作ろう」
第3回「四角い葉っぱを探そう」
第4回「アイスクリームを作ろう」
第5回「モーターを作ろう」
第6回「発電器を作ろう」
第7回「独楽を廻そう」
第8回「キャベツで和紙を作ろう」
第9回「宇宙船地球号」
第10回「方位磁石を使いこなす」
第11回「プラス思考ゲーム」
第12回「想い出のアルバム作り」

●「エジソン・アインシュタイン・クラブ」の活動が日本教育新聞(平成16年11月26日号)に掲載されました。