NPO法人ヒューレック研究会では基本理念である「愛の心と人生」を基に多くの活動を行っております。また、活動に対する皆様のご理解ご支援を 随時募集しております。詳しくは各メニューからご興味のあるページをご覧ください。

月例会最新情報

ヒューレックNEXT 10月度月例会のご案内 「命の授業(ワールドカフェ)
(画像をクリックするとPDFファイルでご覧になれます)


◆日時:2013年10月5日(土)13:30〜17:00(懇親会あり) ※受付13:00〜
◆コーディネーター 羽利 泉 ヒューレック研究会講座部長
◆会場:杉並区高円寺北区民集会所 第4・5集会室 杉並区高円寺北3丁目25番9号 TEL:03-3330-7255 交通:JR中央線高円寺駅徒歩6分
◆会費:一般 1000円 学生 500円 小学生以下 無料
◆定員:30名
お申し込みは izumi.hari@gmail.com へ「10月おとな力向上カフェ参加希望」とメールください

ヒューレックの理念
『生きている事は生かされていること、生きていくことはご恩返しをしていくこと!』
何故生まれて、何故生きているのか、何故働くのか、何の為に働くのか 何故勉強するのか、人が生まれ生きるということは一体どういう事なのか・・・



■問合せ先 ヒューレック研究会 03-3337-9625 
e-mail: cys01044@nifty.com
(メールでお申し込みの際にはお名前、メールアドレス、緊急ご連絡先をご記入お願いします)

月例会とは?

月例会開催趣旨
(1)自主研究会が発足趣旨
「月例会」は「月例研究会」の略称です。(以下月例会といいます)
平成4年4月「ヒューレック研究会」は、「自己啓発講座」を中心に、スタートしました。
その第1期修了生が、さらに奥深く自主的研究会を開き、自己研鑽に励みたいという趣旨から、翌平成5年1月「月例会」を創設しました。
(2)当初4年間は「理念」を中心に外部講師招聘 第1回は新年でもあり、ヒューレック研究会の基本理念である「愛の心と人生(の詩)」をテーマに山口 彰先生に講演をお願いしました。 以後4年間は、「理念」を中心テーマに外部講師の講演をお願いしました。
(3)次いで「会員相互」で発表 5年目以降10年目までは、会員相互が、自分の専門分野を発表し、相互啓発を図りました。
(4)NPO認証後は原点回帰 平成14年「NPO認証後」は、原点に立ち返り「理念」の「実践」から再スタートし、その道の権威である先生のお話を伺い研鑚努力を図っています。

会長ご挨拶 〜月例会部会長 加藤万季〜

「月例会」のご案内を申し上ます。
1.平成4年、ヒューレック研究会、第1期生の私たちは、「会の発展と質的充実」を自分たちがしなければ、という「自負と責任」から、前述の経緯で「月例会」を創設、以来現在に至るまで毎月欠けることなく開催してきました。

2.月例会は「玉手箱」 「継続は力なり」という言葉がありますが、11年間絶えることなく続いたこの「月例会」は、まるで、「玉手箱」の「宝」のように、沢山の新企画が誕生しました。
(1)第1回の基調講演「愛の心と人生」を受講した、大蔵智恵子・斎藤千恵子・小石川環の3人娘は、いたく感動、「ピグマリオン」に触発され、「ミュージカル」に仕立て上げようと提案、「思ったことは直ぐ実行」のヒューレックは、諸難関を乗り越え、第1回ミュージカル「ピグマリオン」の公演に至りました。爾来毎年秋「手作りミュージカル」を公演、平成15年10月には第10回「アインシュタイン愛と献身」を上演しました。
(2)この他「自然随順」の講演から「自然随順部会」が創設され、年3回春・夏・秋の「自然随順ツアー」の開催や、「賢治とベートーベンと小岩井農場の旅」も6回も実施しました。
(3)さらに「月例会」から発展的に「講座」になったものとしては、「おもしろTA」「クッキングTA」「話し方TA」「ミュージカルTA」等「交流分析」との関連講座や「ストロークコミュニケーション」「リーダーの話し方」等要望に応えた講座もできました。

3.年齢・性別無関係に楽しめます 今まで、ご夫婦・親子で楽しく参加されています。 それでは、どんな方が参加されているか、というと、ご家族、友人、知人と輪が広がり、誰でも参加ができる、自由な雰囲気です。そして、基礎講座が「より良い人間関係」「好感人間学入門」ですから、一瞬にして、「百年の友」の雰囲気にひたれます。その上「また参加してみたい」というお土産を持って帰ります。

4.先生・お友達・人脈が豊かになります。 その結果「月例会」をご縁に「最高の師」と、いつでも、気軽にお話できることができるようになりました。また、「友人・知人」が増えます。年賀状の交換が80枚位から500枚位に増えます。会社のお得意先は別ですが、確実に「人脈は広がります」。先ずは、ご参加ください。「参加してよかった」といっていただけると思います。

SIDE MENU