NPO法人ヒューレック研究会では基本理念である「愛の心と人生」を基に多くの活動を行っております。また、活動に対する皆様のご理解ご支援を 随時募集しております。詳しくは各メニューからご興味のあるページをご覧ください。

8月28日 夏休みスペシャル・ワークショップの様子です!

8/28(土)  親子でチャレンジ・ヒューレックミュージカル 「夏休みスペシャル・ワークショップ」2回目
今回は小学1年生の男の子から金井先生まで、なんと70歳差の参加者でした。
今回も、前回に引き続き、まりちゃんがまとめてくれました。

プログラム内容
@14:00-15:30(受付13:30〜)  『カラダでコミュニケーション!ダンスの力WS』
即興力高める、振付家・香瑠鼓考案の「ネイチャーバイブレーション」を使ってのゲーム感覚で楽しいダンスワークショップ。

A16:00-17:30(受付15:30〜)  『おはなし創って演じよう!らくがき絵本WS』
落書を使って自由にお話づくり。最後はみんなで創ったお話を体で表現していきます。



B18:00-19:30(受付 17:30〜)  『うたって感じてつながろう!歌の力WS』
受けると不思議、今まで出なかった声が嘘のように大きく響きわたる。

人気の晃(ヒカル)先生イス・ワークショップ 

<1> ダンス
始まる前から、小学1年生の男の子と遊んだり、フラメンコの先生からストレッチを習ったりして、ゆるやかにスイッチオン状態。 前回は、がんばりすぎて(!?)筋肉痛になったので、 今回は、筋肉痛にならないぐらいで・・・と思いながら参加(笑)
2度目なので、あまり貪欲に「新しいことを知ろう」と気負わずに、 「今、目の前で起きてることを楽しもう」ぐらいの気分で入れました。
元気いっぱいで創造力豊かな小1男子から、 目を細めて孫を見守っているような雰囲気のおじいちゃんまで。
ダンス経験者から、全くのドシロウトまで。
すごく、いろんな背景を持つ人が、 とにかく一緒にダンスをするという面白空間。

今回面白かったメソッドを2つ紹介します。

@第一印象 目の前に向かい合った人の印象を、言葉ではなく擬音語と体の動きでパッと表現します。 「ほわほわ〜」とか「キラキラ」とか「シャキーーン」とか 言う方も言われる方も、理由は説明つかないんだけど、 なんか笑っちゃったり、妙に納得したり。

A生花を見て踊る 人と人で、やりとりをしながらダンスが生まれるのも楽しいけど、 人と物のやりとりも面白いな〜って思いました。 最初は外から物をじーっと見ているんだけど、 やがて想像がどんどん膨らんでくると、 自分がそれになりきろうとして、思考の中での物との境界線がとても曖昧になる。 残念ながら、やっぱり筋肉痛になってしまいましたが(笑) とっても楽しい時間でした

<2>らくがき絵本
らくがき絵本は、、何度やっても毎回新しいメンバーで、違うお話を作るから、 毎回「ちゃんと作品できるかな」・・って不安です。

今回は、 「私は人から言われて絵を描くのが大嫌いなので、指令で描いた絵を自分の絵と思えない。だから、想像できない。」 ・・・とはっきり言ってくれた方がいて、 確かに一理あるな〜〜と思いながらも、 じゃあ、みんなで考えていいですか?と、とりあえず進行。 何度やっても、チームの中に、どんどん話す人と、静観する人がいるものだな〜と思う。



でも、参加意識はみんなちゃんと持っていて、 それぞれの「役割」として、 お話を作るのが得意な人、動きを表現するのが得意な人、わかり易くなる様にツッコミを入れる人、いいねぇ〜と相槌を入れて促進する人など、 違う個性が出ているというように見ると、また違った見方ができる。



ダンスに堪能な人がいっぱいいた私のチームは、 劇というよりは、「いのち」というテーマの身体表現のような作品になり、 「役」にとらわれない感じが新鮮だった。



もう一つのチームは、小1男子からおじいちゃんまで世代が未だかつてない幅広い年齢層の チームで、子どもを中核にしながら、みんなに分かりやすく演じやすいように工夫のつまった作品になっていた。 迷いながら演じたり、間違って仲間から声がかかったり、 トライ&エラーが本番で垣間見えたとしても、 その「迷い」すら作品になって味わい深いものになるなと感じました。



<3>ボイトレ
ひかる先生は、今回もとっても元気でした。 参加者が20人ぐらいと多かったので、 壁の両端に分かれて声を飛ばしあったり、 3チームで和音を作ったり、 最後は元気にドレミの歌を歌いました。 腹式呼吸や、響きのある声を意識しながら、 今できてるな、今できてないな・・・というのが少しずつ分かるようになってきました。
油断すると、すぐにできないに戻ってしまいます(笑)
それにしても、巧みな比喩と話術・・。
今回、「マーライオンはダメ」と、「腹から打ち上げ花火」、「スキージャンプでお尻を上げる」が大ヒット大爆笑でした。

普段の生活とは、どうしてもちょっと離れた感じで、創造的な作業や違う思考回路を使うときはすごく面食らってしまうのですが、 思い切ってその場に身を任せてみると、 意外とできないこともないし、意外と楽しめるな〜って思います。

理論で必要だとか意義があるとかまとめることも大事かもしれないけど、 感覚で、「あ、いいわ〜!」っていうのも、やっぱり大事だなと思いました。