NPO法人ヒューレック研究会では基本理念である「愛の心と人生」を基に多くの活動を行っております。また、活動に対する皆様のご理解ご支援を 随時募集しております。詳しくは各メニューからご興味のあるページをご覧ください。

自然随順部会最新情報


平成22年度 ヒューレック研究会 自然随順 計画書



平成22年度 ヒューレック研究会 自然随順 計画書

春の自然随順     
歴史いきつくロマンのまち"信州上田"塩田平を探訪する会
期日 :平成22年3月27日(土曜)日帰り      
スケジュール (電車を利用します)      
東京⇒(新幹線 東京から上田駅)⇒ (上田電鉄)塩田町下車
散策コース:無言館⇒中禅寺→塩田の館(里帰り蕎麦昼食)→前山寺
別所温泉で入浴→別所温泉駅→上田→信濃鉄道経由(軽井沢)→新幹線にて
東京着(午後6時前後)解散 ※ 詳細は追ってお知らせします      

夏の自然随順合宿 (一泊二日)     
南アルプスの登山口にある公営宿泊施設に宿泊し、信州のサンセットポイン百選に選ばれた渓谷美と高遠城址の散策で心を癒す自然随順です。
期日 :平成22年7月24日(土)、25日(日)一泊二日      
宿泊先: 長野県伊那市長谷黒河内 「仙流荘」(公営の温泉施設)       
スケジュール (マイカー使用)       
第1日目 : 東京⇒(中央道)伊那インター→高遠城址公園→仙流荘        
第2日目 : 仙流荘→南アルプス林道散策→高遠城址公園散策→高遠湖→伊那インター→中央道経由帰京 ※ 詳細は追ってお知らせします

秋の自然随順      
奥多摩の紅葉と酒の醸造元を訪ねる会 (日帰りコース)
期日 ;平成22年11月13日 (土)
※電車を利用します
※ 詳細は追ってお知らせします。

自然随順部会 世話人  小西伸彦

旅行報告書

平成21年 春の自然随順旅行
春の自然随順「春の筑波山散策と展望を楽しむ」



恒例(15年春夏秋継続)のNPOヒューレック研究会「春の自然随順」は、去る3月29日(日)「春の筑波山散策と展望を楽しむ」をテーマに快晴に恵まれ実施されました。

午前9時「つくばキスプレス・秋葉原駅集合」9時30発・10時15分つくばセンター着・シャトルバスで筑波神社着午前11時10分。ゆっくり座り、周りの景色を満喫しながら、予定通り到着。

1. 至れりつくせりのサービス
まずびっくりしたのが、乗車券の購入です「@往復乗車券A路線バスBケーブ   Cロープウエイの乗り放題」の総額2割引です。 さらに「D温泉入浴料Eお土産」割引つきで、これが1枚の乗車券です。   私鉄系列の割引はともかく、全部違う会社で、商店、旅館まで網羅した、「町起こし」にここまできたかとびっくりでした。

2. 先ずは「筑波山神社参拝」 「つくば学園都市」からも見える大鳥居前で記念撮影。筑波山神社参拝。 本殿前で「蝦蟇の油」の大道芸。奥では、「純金高島田の新婦と和服姿の新郎」がこれから「神前結婚式」に入るおめでたい場に巡り合い。ケーブルカーで一路山頂へ。



3. 男体山山頂 「西の富士、東の筑波」といわれる関東の名山。標高877mなだらかな裾野を広げる、男体山山頂に空中散歩を楽しみながら到着。 神社・仏閣は常緑樹で埋め尽くすところが多いのに、ケーブルから見た木々は、落葉樹が多いのに不思議な感じがし、ああなるほど、秋の紅葉の美しさはこれだ、自然のまま、自然林にしてあると納得しました。 地面には、やっと芽を吹いた「節分草」や「かたくりの妖精」がこれからよ、と言っていました。(かたくりの里はまだ立ち入り禁止)



4. 眼下に霞ヶ浦・学園都市を見ながら昼食。昼食は、眼下に霞ヶ浦・学園都市を見ながら「3賢夫人」(小西・島津・松丘)のご馳走(お酒のお肴)を戴きながら昼食を満喫しました。    「食事は良い景色・良い吸空気・自然の中の味はひとしお」と上空を見ると「ハンググライダー」が1機・2機・3機と飛んでるのも印象的でした。

5. 尾根を縦走・ロープウエイで一路「筑波山温泉」へ 昼食後、尾根を縦走女体山・山頂で記念撮影、ロープウエイで下山、一路「筑波山温泉(源泉)」へ直行。ゆっくり露天風呂につかり、風呂の前の満開の桜の花見としゃれこみました。 

参加・小西伸彦・令夫人・棚橋正光・小倉利夫・島津陳子・松丘容明・令夫人の7名。

SIDE MENU

自然随順とは?

「自然随順」とは「広辞林」では「自然に従って逆らわないこと」あるいは、「人間の力では、どうすることもできない力に従う」となります。
ここでは、カナダの自然保護運動の先覚者ジョンミラーの「自然に親しみ、自然を慈しむようになると、人と人との交流に暖かな愛を注ぐようになる」という言葉や、イギリスの有名な生物学者ハーベイの「自然は最高、最大の本である。
これは、全智全能の神が書いた本であるからである。だから不完全な人間の書いた本を読んで自己成長をはかることも大いに結構であるが、自然の中に飛び込み、全智全能、最大最高の神が書いた本に接して成長しよう」という言葉が適切です。
別冊:「愛の心と人生」(93.1.)講義録「自然随順」(97.1.)講義録

●活動内容 「春・秋」は日帰り「夏」は2泊3日の合宿ツアーです。
内容は、「健脚コース」「うららコース」があり、「体力に合わせたコース」が用意されています。
「自然から受けた感動」を「俳句・短歌・スピーチ・写真」にまとめ、「想い出」としての記録もします。

★「自然随順部会」のご案内を申し上ます。
1. 「ヒューレック研究会」の基本理念である「愛の心と人生の詩」に「自然随順」が掲げられ「日本の社会教育の源流」にも「自然随順」が掲げられ、ヒューレック研究会の部会の第一に「自然随順部会」を位置づけました。
「自然を忘れた民族は滅びる」の言葉は「自然を忘れた人間は滅びる」に通じ、近時の「エコロジカル・ブーム」は、それはそれとし私たちは、より具体的に「自然と親しみ」「自然を慈しむ」ことを実践します。
今後は、さらに「自然随順指導者」を養成し、「社会貢献」に連動させるべく仕組み創りに移ります。

2.自然が呼んでいる 「山が呼んでいる」とよく言われます。
私は秩父生まれで、中学生の頃から近くの山に登り、高校生の頃には山岳部、大学時代から日本百名山をはじめ、国内外の山歩きをしてきました。
その「自然が呼んでいる」と感じたのはいつ頃か。
毎月のように「山」に入る私は、四季それぞれ「自然が呼んでいる」と感じています。

3.山岳暦55年以上が3人 60年近い山歩きで、「自然の神秘」を幾つも感じました。
そして、その同類「山岳暦55年以上」「百名山65山登頂」がこの部会に3人もいます。
安心・安全・最適の指導体制です。

4.自然の通訳もいます。 3人は、それぞれ得意分野があります。海・川・里山・トレッキング・世界各国名山登頂等など。
そこで、はじめて「自然に親しむ」方々に見えないものが見え、聞いていて「聞こえないもの」が聞ける、通訳がいます。
「鳥の声」も「ラブコール」と「テリトリーコ−ル」の違い。「老若男女」の違い。
「易しい日本語」にした、「鳥の声」。「ぶな」の樹木の中の水音。
「とんぼの脱皮」等、先ずは体験下さい。

5.自然をテーマに感動を創作 この「自然随順」に参加された方々は、解散前の「温泉」の湯上り時「気づき」「感動」を「1分間感想」で発表し、「相互啓発」をはかります。
そして、「俳句に、短歌に、写真に、VTRに」纏めます。「鳥の声」を集録して、書斎のBGMにされている方もいます。
「自然に学び」「感動を創作」その作品から、参加者の感性にまた感動します。

6.次の世代にしっかり渡そう カナダインディアンと合宿した高校生が「自然は先祖から、預かり子孫へしっかり渡すのが、今生きる私たちの勤め」という、インデイアンの教えが心に刻まれ、帰国後、その「美しい、日本の自然を次の世代にしっかり渡そう」と頑張っている方がメンバーにいます。

自然随順部会長 小西伸彦