NPO法人ヒューレック研究会では基本理念である「愛の心と人生」を基に多くの活動を行っております。また、活動に対する皆様のご理解ご支援を 随時募集しております。詳しくは各メニューからご興味のあるページをご覧ください。

交流分析講座最新情報


交流分析士2級チャレンジ講座


「NPOヒューレック研究会」恒例の春の「交流分析士2級チャレンジ講座」は、下記の通り開催されます。

1. 土曜コース(9:30〜21:00但し1月30日のみ18時終了)
1月30日(土)「自我状態」  
2月 6日(土)「自我状態」・「対話分析」  
2月13日(土)「対話分析」・「ストローク」  
3月 6日(土)「ストローク」・「人生態度」  
3月13日(土)「ゲーム」「時間の構造化」  
3月20日(土)「時間の構造化」「人生脚本」

2. 日曜コース(9:30〜21:00但し2月7日のみ18時終了)  
2月 7日(日)「自我状態」  
2月14日(日)「自我状態」・「対話分析」  
2月21日(日)「対話分析」・「ストローク」  
3月 7日(日)「ストローク」・「人生態度」  
3月14日(日)「ゲーム」「時間の構造化」  
3月21日(日)「時間の構造化」「人生脚本」

3. 平日コース(18:30〜21:00但し2月7日のみ18時終了)  
2月1日(月)3日(水)8日(月)「自我状態」  
2月10日(水)15日(月)「自我状態」・「対話分析」  
2月17日(水)22日(月)24日(水)「対話分析」・「ストローク」  
3月1日(月)3日(水)8日(月)「ストローク」・「人生態度」  
3月10日(水)15日(月)「ゲーム」「時間の構造化」  
3月22日(月)24日(水)「時間の構造化」「人生脚本」

会場は、飯田橋ハイタウン・2階・集会室が原則で、変更ある場合は、都度事前にご連絡します。

4.受講ご希望の方は下記へご連絡下さい。
NPOヒューレック研究会・金井省吾   
電話・FAX:03−3337−9625  
携帯:090−9398−5988
住所:〒166-0001 杉並区阿佐ヶ谷北1−11−8
メールアドレス:cys01044@nifty.com

5.受講料
合計51,450円
 [内訳:受講料47,250円(消費税込み)資料代(テキスト代)4,200円]  
支払い方法@銀行振込み A現金 B分割 ご相談に応じます。

6. 交流分析士2級認定試験  
3月27日(土)28日((日)(9:30〜17:30)
受験資格は@40時間コース修了者 
A協会員であること (入会金6,000円+年会費4,000円)
B受験料:31,500円

交流分析とは?

TA(Transactional Analysis)はアメリカの精神分析医エリック・バーン博士(E.Berne 1910〜1970)によって開発された精神療法で、日本では「交流分析」と呼ばれています。

TAは一つのパーソナル理論であり、個人が成長し変化するための心理療法でもあり、コミュニケーション、児童の発達にも深く関係している理論です。


このように書くと難しそうに感じられますが、「自分に気づきを与え本当に自分を知り、他人との交流について学んでいく」ものと考えていただいて結構です。 心理学に興味のある方や職場やプライベートにおいて他人との交流に悩んでいたり、子育てに自信がもてなくなっている方々に是非お勧めの講座です。

最近は、家庭でも職場でもスムーズな人間関係が失われてきており、人間同士の暖かいふれ合いが見られなくなってきました。 このような現代にこそ、交流分析を理解して身につけることにより自己変革の第一歩を築き、新しい世界が開けてきます。

交流分析は4つの分析(構造分析、対話分析、ゲーム分析、脚本分析)と3つの理論(ストローク、人生態度、時間の構造化)による7つの分野から構成されています。

「自我状態」 人には3つの自我があります。社会的な模範やルールを守ろうとしたり、相手に包容力ある態度をする親の自我(P)、状況に応じて適切な判断を行おうとする成人の自我(A),のびのびと子供のように振舞ったり、周囲に会わせようとする子どもの自我(C)などです。この3つの心(実際は5つの自我)はエゴグラムによってそれぞれのエネルギーの大きさを測ることができます。

「対話分析」 自分に3つの自我があると同様、相手にも3つの自我があります。私たちは、この3つの自我を使って情報を伝えたり相手を理解したりします。対話分析を学ぶことにより、その時、その状況に相応しい対話ができるばかりでなく、相手の気持ちにより沿った対応ができます。

「ストローク」 交流分析では相手を認める言動のすべてをストロークと呼んでいます。「おはようございます」「こんにちは」という挨拶や、やさしく微笑みかける肯定的なストロークや、叱る、怒るなどの否定的なストロークがあります。人が幸せを感じるのも、不幸せに感じるのも原点はストロークの出し方受け取り方によります。

「人生態度」 人には赤ちゃんの頃から、相手を慕ったり、警戒したりする基本的な対人姿勢が備わっています。交流分析では、自分を卑下した人生態度であったり、相手を圧倒するような態度を取るのではなく、「私もも貴方ももOK!」(I'm OK! You're OK!)という相互理解の関係を目指します。

「時間の構造化」 人は複数以上のグループ(2人以上)でいるときにどのように時間を過ごしているのでしょうか?周囲の人たちからストロークを得るための6つの方法を使って、自分の存在を周囲に認知させます。

「ゲーム」 あなたは他人と会話をしていて「前にも同じような対話(後味の悪い)をした覚えがある」と感じたことがありませんか?それは心理的なゲームをしてしまったからです。人はストローク飢餓になると、否定的なストロークによる人生ゲームで飢餓を癒そうとします

「人生脚本」 人の人生は芝居の脚本と驚くほど似ています。子供のときに作られた「無意識の人生計画」が脚本として大人になった今でもあらゆる行動に大きな影響を与えています。

★当講座は日本交流分析協会認定の講座ですので講座修了後は交流分析士1級及び2級の受験資格が得られます。 これまでにも多数の方が講座受講をしており、講座修了生から日本交流分析協会認定准教授3人、インストラクター12人、を始めとして多くの1,2級交流分析士が誕生しております。(平成21年1月現在)

SIDE MENU

交流分析お勧め本

交流分析に関する書籍です。それぞれお勧めできる本です。
クリックしてもすぐに注文とはなりませんのでご安心ください)
特にTATODAYは交流分析を学ぼうとする方にとっては礎となる本でしょう。